産経ニュース

ニュース 政治

記事詳細

更新


警視総監に高綱氏

 国家公安委員会は14日、警視庁の西村泰彦警視総監(58)が退任し、後任の第91代警視総監に警察庁の高綱直良刑事局長(55)を起用する人事を決めた。発令は22日付。14日の閣議で了承された。

 退任する西村総監は沖縄県警本部長、警察庁警備局長などを経て平成25年1月から警視総監。パソコン遠隔操作事件を解決に導いたほか、ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)に専門的に対処するストーカー・DV総合対策本部を発足させ体制整備に尽力した。

 新任の高綱氏は、増加に歯止めがかからない振り込め詐欺などの特殊詐欺やストーカー対策などのほか、28年に国内で予定されているサミットや32年の東京五輪の警備に向けた準備が課題となる。

 【警視総監】

 高綱直良氏(たかつな・なおよし)東大卒、昭和56年警察庁。和歌山県警本部長、警察庁人事課長、警視庁刑事部長などを経て平成25年1月から刑事局長。55歳。東京都出身。

「ニュース」のランキング