産経ニュース

【特定秘密保護法案】みんなの党から造反 一方的な党運営にきしみ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【特定秘密保護法案】
みんなの党から造反 一方的な党運営にきしみ

 26日夜に行われた特定秘密保護法案の衆院本会議採決で、みんなの党の井出庸生、林宙紀両衆院議員が党方針に反して反対した。井出氏らは、渡辺喜美代表と確執が続いている江田憲司前幹事長に近く、江田氏は採決を欠席した。強権的とも指摘される手法で賛成方針を主導した渡辺氏の党運営にきしみが生じている。

 採決後、井出氏は国会内で記者会見し、「代表は常々『誰と組むか(という発想)はダメだ』と言っているが、その信念が揺らいだのではないか」と述べ、渡辺氏を批判。林氏は「(党で)議論する前に修正案が出たのは解せない」と語った。江田氏は記者団に「強行採決は断じて容認できない」と述べた。

 執行部は週内に造反した3人に対し事情聴取する方針。採決に先立つ代議士会で渡辺氏は「造反は過去の例では党役職停止、(月100万円の)政党交付金停止6カ月だ」と語った。

「ニュース」のランキング