産経ニュース

【リニア中央新幹線】新駅地元「チャンス」 東京の一極集中に危機感も

ニュース 政治

記事詳細

更新

【リニア中央新幹線】
新駅地元「チャンス」 東京の一極集中に危機感も

 夢のリニア新幹線の開業が現実味を帯びてきた。JR東海は18日、東京・品川-名古屋間の詳細な走行ルートと中間駅の場所を発表。駅が建設される沿線の住民らは、平成39(2027)年の開業に向け、熱い視線を注いでいる。ただ、日本の動脈となっている東海道新幹線沿線の沈下や東京一極集中への不安など、人の流れが変わることへの危機感も出ている。

 「神奈川県駅」はJR横浜線など3路線が乗り入れる橋本駅(相模原市緑区)付近。そばに高層マンションが立ち並び、市内では圏央道の整備も進む。

 「人の出入りが多くなると期待している。街が潤ってほしい」と話すのは橋本駅南口で祖父の代から35年間にわたりカフェ「プリエ」を営む豊泉正人さん(44)。市の担当者は「アクセスの良さを売りにして企業誘致を加速させ、観光振興にも力を入れたい」と夢を膨らませる。

 「山梨県駅」の予定地は甲府市大津町。JR甲府駅から直線で6キロ以上離れた場所だ。甲府商工会議所の上原勇七(ゆうしち)会頭(80)は「県経済が停滞し、人口も減少する中、甲府市だけではなく県全体の活性化につなげるチャンス」と歓迎する。

 「長野県駅」は当初有力視された飯田市座光寺地区ではなく、同市上郷飯沼地区に設置。以前から遺跡がある座光寺地区の回避を要望する声が強く、市の担当者は「配慮してもらえた結果」と受け止める。

 リニアは東京・品川-名古屋間の86%が地下やトンネル部分で車両が見える場所は少ない。ただ、相模原市と岐阜県中津川市には車両基地が置かれるため、そこでは姿を見られそうだ。

「ニュース」のランキング