産経ニュース

【真夏の対論(2)TPP】平将明・経産政務官 日本の成長戦略に不可欠

ニュース 政治

記事詳細

更新

【真夏の対論(2)TPP】
平将明・経産政務官 日本の成長戦略に不可欠

 日本が7月から交渉に参加した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では、自民党が「聖域」と位置付ける農産重要5分野の関税は守られるのか。自由貿易推進を唱える平将明経済産業政務官、関税死守を訴える自民党の小里泰弘農林部会長に聞いた。(岡田浩明、水内茂幸)

 --日本がTPP交渉に参加するメリットは

 「そもそも自由貿易推進は日本の経済政策の柱だ。対日投資をしやすいビジネスや、国際的な自由貿易のルールづくりに参加するのは日本の利益になるし、参加は当然だ」

 --政府は成長戦略の柱と位置づけている

 「日本経済が停滞する構造的な要因として少子高齢化がある。減少する国内需要をカバーするには、海外から多くの人にビジネスや勉強、観光で日本に来てもらわなければならない。その意味でもTPPは日本の成長戦略に欠かせない」

 --なぜTPPなのか

 「今後、最大の市場となるアジア全体でどういうルールをつくるかだが、法体系が違う巨大国家・中国を含めた国際的なルールをどうつくるかが重要だ。その前段階としてTPPを進める必要がある」

 --日本はコメなど重要5分野を関税撤廃の例外扱いにすることを目指している。守ることはできるのか

 「5分野は『国益として守る』というのが大前提だ。TPPは高いレベルでの自由貿易環境を実現しようということだが、交渉の中で、守るべきものは守りながら、どう高いレベルの枠組みを目指すかということに尽きる」

「ニュース」のランキング