産経ニュース

産経新聞前社長、住田良能氏の合同葬、森元首相や福田元首相ら参列

ニュース 政治

記事詳細

更新


産経新聞前社長、住田良能氏の合同葬、森元首相や福田元首相ら参列

 11日に68歳で死去した産経新聞社前代表取締役社長で相談役の住田良能(すみだ・ながよし)氏の葬儀・告別式が15日、住田家と産経新聞社の合同葬として東京都港区の青山葬儀所で営まれた。森喜朗、福田康夫両元首相やJR東海の葛西敬之会長、東芝の西室泰三相談役、杏林大の田久保忠衛名誉教授ら各界から約700人が参列し、故人をしのんだ。

 葬儀は神式で執り行われ、葬儀委員長の熊坂●(=隆の生の上に一)光代表取締役社長は弔辞で「産経新聞の柱である正論路線はあなたの時代によりたくましく、より豊かになった。新聞業界は依然として厳しい情勢の中で翻弄されているが、必ずや乗り切って新しい産経の歴史を作り続ける」と述べた。

 前日の通夜に弔問に訪れ、玉串をささげた安倍晋三首相は「また一人、偉大な言論人を失った。安全保障でも拉致問題でも世間の空気に流されることなくまっとうなことをまっとうに主張するのが住田さんだった。住田さんの数々の力強い言葉を胸に、強い日本を取り戻す戦いに全力を尽くす」との弔電を寄せた。

 住田氏は慶応義塾大学を卒業後、昭和44年に産経新聞社に入社。平成16年6月から23年6月まで代表取締役社長を務めた。

「ニュース」のランキング