産経ニュース

【AKB総選挙】「ベスト3目指す」大分市長が“さしこ”全面支援宣言

ニュース 政治

記事詳細

更新

【AKB総選挙】
「ベスト3目指す」大分市長が“さしこ”全面支援宣言

 第5回AKB48選抜総選挙(6月8日開票イベント、横浜・日産スタジアム)で、大分市の釘宮磐(くぎみや・ばん)市長(65)が、HKT48の指原莉乃(さしはらりの)(20)=同市出身=に対する全面支援を宣言した。釘宮氏は昨年4月に指原を市の観光大使に任命した縁で同年の第4回選抜総選挙でも側面支援し、「さしこ」が前々回の9位から4位に躍進することに一役買った。

 「今回は3位以内を目指す」。指原のベスト3入りに向けて周囲にそう決意表明する釘宮氏は、自身のことの如く“選挙モード”全開のようだ。

 大分市のホームページの4月9日付「市長の日記」では、こう綴った。

 「昨年の選抜総選挙の際には、私も莉乃さんのお母さんと握手して喜びを分かち合いました。指原さんには観光ポスターをはじめ、福岡→大分間の高速バスや大分駅構内でのナレーションでも大いに活躍してもらっておりますことから、今回もしっかりと応援していきたいと思います」

 大分市関係者によると、来るAKB総選挙に向けて釘宮氏は、市のかっこうの“広告塔”である指原に投票するよう市職員や市民などに広く呼びかけていく考えだ。

 国会議員時代の人脈もフル活用する意向だが、とりわけ心強い援軍も現れた。釘宮氏が「政治の師」と仰ぐ羽田孜元首相(77)サイドからも指原への全面支援の約束をとりつけたという。

「ニュース」のランキング