産経ニュース

教育再生実行会議委員に曽野綾子氏ら内定

ニュース 政治

記事詳細

更新


教育再生実行会議委員に曽野綾子氏ら内定

 下村博文文部科学相は8日、第1次安倍内閣で設置された教育再生会議に連なる安倍晋三首相直属の「教育再生実行会議」を、今月下旬に発足する方針を明らかにした。有識者約15人で構成する委員には作家の曽野綾子氏らを内定。いじめ対策や教育委員会制度改革などをテーマに議論し、夏までの提言取りまとめを目指す。

 下村氏は、首相官邸で首相と会談後、記者団に対し、初会合の開催時期について「再来週ぐらいから」と述べた。首相からは、28日召集予定の通常国会で成立を目指す「いじめ対策法案」などに反映させるべく「早めに一定の方向性は打ち出してほしい」と指示があったという。

 委員に内定した曽野氏は、著書に「無名碑」「神の汚れた手」などがあり、昨年は菊池寛賞を受賞。産経新聞の正論メンバーでもある。

 他に内定した委員は、大竹美喜(アフラック最高顧問)、鎌田薫(早大総長)、蒲島郁夫(熊本県知事)、尾崎正直(高知県知事)、武田美保(スポーツコメンテーター)、貝ノ瀬滋(東京都三鷹市教育委員会委員長)-の各氏。残る委員は9日に発表する。

 「教育再生」は自民党衆院選公約の柱の一つ。首相は昨年末、産経新聞のインタビューで、教育再生会議を復活させ、いじめ対策や教育委員会制度改革に加え、教科書検定基準の見直し、現在の六三三四制にとらわれない学制改革に取り組む姿勢を示していた。

「ニュース」のランキング