EUの対中制裁、茂木外相「考え方は共有」 - 産経ニュース

EUの対中制裁、茂木外相「考え方は共有」

茂木敏充外務相
 茂木敏充外相は23日の参院外交防衛委員会で、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害をめぐり、欧州連合(EU)が中国当局者らへの制裁発動を決めたことについて、「考え方は完全に共有している」と述べた。「今の中国の状況について深刻に懸念している」とも語った。
 茂木氏は日本独自の制裁に関し、「人権侵害を認定して制裁を科すような制度を導入すべきかについては、これまでの人権外交との関係や国際社会の動向など、さまざまな観点からの分析、検討が必要だ」と述べ、慎重な姿勢を示した。日本は人権侵害のみを理由として海外の当局者らに制裁を科す法制度はない。
 立憲民主党の白真勲氏の質問に答えた。