西村担当相、知事会要請の財政支援「状況見て考える」 - 産経ニュース

西村担当相、知事会要請の財政支援「状況見て考える」

西村康稔経済再生担当相・社会保障改革担当相(春名中撮影)
 西村康稔経済再生担当相は14日の記者会見で、全国知事会が新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休業要請に応じた事業者への協力金に充てる交付金の増額といった財政支援を要望していることについて、家賃支援など現行の支援制度の活用を求めた。その上で「さらに足らなければ、感染状況や都道府県の対策をみながら、政府として何ができるか考えていきたい」と語った。
 会見に先立ち、西村氏は沖縄県の玉城デニー知事、東京都の小池百合子知事とそれぞれ電話で会談した。新規感染者や重症者が増えている沖縄県に関し「かなり病床が逼迫(ひっぱく)してきている」と危機感を表明。中等症以上の患者向けの病床やホテルなどの療養施設の確保、保健所機能強化のための支援を行う考えを示した。
 小池氏とは、来年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、連携して取り組むことなどを確認した。