コンビニ業界からは不満も レジ袋有料化来年4月試行へ  - 産経ニュース

コンビニ業界からは不満も レジ袋有料化来年4月試行へ 

プラスチック製レジ袋の有料義務化に関する経産、環境両省の審議会初会合=26日午前、東京都千代田区
 経済産業、環境の両省は26日、コンビニエンスストアやスーパーなどのレジ袋の有料化に関する有識者による審議会の初会合を開いた。商品を持ち帰るためのレジ袋はすべてを有料化する方向としており、年内に詳細を決め、来年4月1日からの実施を目指す。
 海洋汚染の原因となっているプラスチックごみ対策として早急に取り組む。現在は無料で配布されているケースも多いレジ袋を、有料にして、流通量を少なくすることで、プラごみ削減につなげる狙いだ。
 26日の会合では制度見直し骨子案が提示された。容器包装リサイクル法の省令改正によって、業種、企業規模に関係なく、全国での有料化を義務付け、商品持ち帰りのレジ袋を対象とする。一方、魚介類などの生鮮食品や、総菜などを包む「ロール袋」などは、衛生面で必要だと判断し、有料化義務付けの対象外とする。また、レジ袋の価格設定は事業者が判断すべきだとしている。
 ただ、海洋生分解性プラスチック製やバイオマスプラスチック製のレジ袋については、有料化を義務づけるかどうかは、今後の検討課題としたほか、小規模事業者への配慮や支援のあり方も議論する。
 同日の議論では、消費者団体や小売業団体などからヒアリングし、「レジ袋価格が2円程度ならば、プラごみの削減効果は少ない」といった意見があった。コンビニ各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会からは、「おでんなどの汁物や、冷凍品なども混在する中で、エコバッグでは対応しづらいほか、商品を詰めるスペースを確保するため、店舗レイアウトの変更が必要になる」として、来年4月からの実施ではなく、十分な猶予期間を求める意見が出た。