参院歳費返納法が成立 定数6増で経費削減 - 産経ニュース

参院歳費返納法が成立 定数6増で経費削減

 参院定数6増に伴う経費を削減するため、参院議員歳費の自主返納を可能にする改正法は18日の衆院本会議で、自民、公明、国民民主3党などの賛成多数により可決、成立した。夏の参院選後から3年間に限って、歳費の国庫返納を公選法が禁止する寄付の例外に位置付けた。返納額は改正法付則に1人当たり月7万7千円が目安と明記し、増加した経費の相殺を狙う。