蓮舫氏「防衛費は爆買いなのに」 山梨で「老後2000万円」批判 - 産経ニュース

蓮舫氏「防衛費は爆買いなのに」 山梨で「老後2000万円」批判

参院選野党統一候補予定者の総決起集会であいさつする立憲民主党の蓮舫副代表(左)=16日午後、山梨県昭和町西条(渡辺浩撮影)
 立憲民主党の蓮舫副代表は16日、山梨県昭和町で開かれた参院選山梨選挙区の野党統一候補予定者で元東京都杉並区議、市来伴子氏(41)=無新=の総決起集会に参加し、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書が選挙の大きな争点になるとの認識を改めて示した。
 蓮舫氏は「いつから自助の国になったのか、いつから『100年安心』がなくなったのか」とした上で、参院選対策で報告書を事実上撤回したことについて「こんな国民をばかにした政権をそろそろ皆さんの手で終わらせていただきたい」と呼びかけた。
 また、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田と山口への配備計画に関連し、「防衛予算の爆買いにはあふれるようなお金があるのに、年金にはお金が回らない」と語った。
 山梨選挙区には自民党現職の森屋宏氏(61)も出馬を予定している。