子連れ熊本市議、会派名を自分の氏名に - 産経ニュース

子連れ熊本市議、会派名を自分の氏名に

議会運営委員会で自身の1人会派名について意見を述べる熊本市の緒方夕佳市議=15日、熊本市議会
熊本市の緒方夕佳市議の会派名について対応を議論した議会運営委員会=15日、熊本市議会
 乳児を連れて議場に入るなどの行動で議論を呼んだ熊本市の緒方夕佳市議(43)は15日までに、自身の1人会派名を「緒方ゆうか」にすると各派代表者会議で申し出た。同日の議会運営委員会で各派が反発し、議長から名称を見直すよう求めることに決めた。緒方氏は「議論もせず、一方的だ」と譲らなかった。
 緒方氏は2017年11月以降、生後7カ月だった長男を伴って本会議に参加しようとしたり、喉あめを口に含んで議場で質疑したりして、厳重注意処分や懲罰動議を出されるなどして注目を集めた。今年4月の市議選で再選し、現在2期目。
 1期目の会派名は「和の会くまもと」。名称変更の理由を「複数人の会派に属しているようで分かりにくい、と市民から指摘されたから」と議運で説明した。今後の対応について、報道陣に「支持者らの意見を聞いて考えたい」と話した。