安倍首相「来年は日本の明日を切り拓く1年に」 第2次政権発足から6年を前にした発言全文 - 産経ニュース

安倍首相「来年は日本の明日を切り拓く1年に」 第2次政権発足から6年を前にした発言全文

政権6年の節目を前に記者団の質問に答える安倍晋三首相=25日午後、首相官邸(春名中撮影)
 安倍晋三首相が25日、平成24年12月の第2次政権発足から26日で6年となるのを前に、官邸で記者団に述べた発言の全文は次の通り。
 ◇
 --26日で第2次安倍政権が発足して丸6年を迎える。受け止めと7年目に向けた意気込みは
 「6年前に政権を奪還し、希望あふれる日本をつくっていく思いで国民の負託に応えるために一日一日、全力を尽くしてきた。そうした日々の積み重ねで6年たった。大変感慨深いものがある」
 「今年は災害の多い年だったが、内政では働き方改革、外交では日露首脳会談、大きな転機となる年でもあった。7年目を迎える来年は、何といっても皇位の継承がある。日本の明日を切り開いていく1年、日本がまさに明るく輝いていく1年にしたいと思っている。何年目を迎えても日々、国家国民のため、全力投球で緊張感を持って頑張っていきたい」
 --長期政権の秘訣(ひけつ)は何か
 「秘訣というのはないが、まさに日々の積み重ねだ。基本的には今から12年前に第1次政権ができて、非常に肩に力を入れて頑張ったが、1年で政権が終わった。あの挫折と経験を今回、第2次政権が始まって6年、やはりあの経験が大切な肥やしになったなと思っている」
(了)