今年の漢字、安倍晋三首相は「転」 - 産経ニュース

今年の漢字、安倍晋三首相は「転」

今年の漢字一文字が「災」に決まり記者団からの質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相=12月12日、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相=首相官邸(春名中撮影)
 安倍晋三首相は12日、今年1年を表す漢字に起承転結の「転」を選んだ。理由については、11月のロシアのプーチン大統領との首脳会談を踏まえ「日露関係の大きな転機が訪れてきた。未来を好転させるかどうかは私たち自身にかかっている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手ら若い世代の活躍を受けた「新しい世代への転換」や、6月に史上初の米朝首脳会談が実現したことなども理由に挙げた。
 日本漢字能力検定協会が公募した今年の漢字は「災」だったことに関しては「災害が大変多かった。一日も早くみなさんが安心して暮らせる生活を取り戻せるように、復旧復興に全力を尽くしたい」と語った。