安倍晋三首相と習近平国家主席の会談要旨

日中首脳会談
会談する中国の習近平国家主席(右から2人目)と安倍首相=12日午前、ウラジオストク(代表撮影)

 安倍晋三首相と中国の習近平国家主席の会談要旨は次の通り。

 【2国間関係】

 習氏 10月にも首相が訪中することを歓迎する。

 首相 習氏に訪日を招請。

 両首脳 今年が日中平和友好条約40周年であり、原点を再確認する好機との認識で一致。あらゆる分野の成果につなげ、関係を前進させていく決意を共有。

 【貿易・経済】

 習氏 保護主義ではなく、自由貿易や多角的な経済が重要だ。

 両首脳 中国の巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐる第三国での協力を進める方針を確認。

 【北朝鮮問題】

 両首脳 朝鮮半島の非核化へ緊密に連携する。

 首相 「瀬取り」への対応も含め中国とともに取り組みたい。拉致・核・ミサイル問題を包括的に解決し国交正常化を目指す。

 習氏 拉致問題解決を目指す日本の立場を完全に支持する。

 【東シナ海】

 首相 東シナ海の安定なくして日中関係の真の改善はない。

 両首脳 「平和、協力、友好の海」とするよう共に努力することで一致。(ウラジオストク 田北真樹子)