連合と立憲民主・国民民主が10月にも政策協定 参院選で両党候補推薦へ

 
連合の神津会長ら幹部と会談後、取材に応じる国民民主党の玉木代表=12日午前、東京都千代田区

 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、来夏の参院選に向けて連合が立憲民主、国民民主両党と交わす方針の政策協定について10月にも締結するとの見通しを示した。都内の連合本部で神津(こうづ)里季生(りきお)会長らと会談後、記者団に明らかにした。

 政策協定を結ぶことで、連合が参院選で両党を支持し公認候補を推薦することが固まる。連合は昨年の衆院選では、支持してきた旧民進党の分裂に伴い、すでに推薦を決めていた同党出身者らを個別に支援した。

 会談では、神津氏が参院選に関し「現場の組合員や地方組織が応援しやすい態勢を作ってほしい。政党間でよく連携を図ってほしい」と求め、玉木氏は「他党との連携を密にすることも(党執行部の)新体制の狙いだ」と説明した。

 会談は国民民主党の新執行部が11日に発足したのを踏まえたもので、同党の平野博文幹事長も同席した。