幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承

国民民主党役員人事
国民民主党両院議員総会で選任され玉木雄一郎代表と握手を交わす平野博文幹事長(左)=11日午後、東京・永田町(春名中撮影)

 国民民主党は11日午後、党本部で両院議員総会を開催し、今月4日の党代表選で選出された玉木雄一郎代表が提案した党役員人事案を了承した。焦点となっていた幹事長人事では、玉木氏側近の古川元久前幹事長の続投を見送り、平野博文元官房長官を起用した。

 古川氏は代表代行として処遇し、代表選で玉木氏と争った津村啓介元内閣府政務官を副代表に抜擢した。国対委員長には原口一博元総務相が就いた。

 主な顔ぶれは以下の通り。(敬称略)

 ◇

 【代表代行】大塚耕平、古川元久

 【副代表】渡辺周、大島敦、津村啓介、田名部匡代

 【総務会長】小林正夫

 【幹事長】平野博文

 【選対委員長】岸本周平

 【国対委員長】原口一博

 【政調会長】泉健太

 【役員室長】小熊慎司

 【憲法調査会長】階猛