小泉進次郎氏が安倍首相支持の会合に誤って名刺を提出…慌てて回収

自民党総裁選
【自民党総裁選所見発表演説会】所見発表演説会の席に着く小泉進次郎筆頭副幹事長=10日午前、東京都千代田区・自民党本部(納冨康撮影)

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が10日、党総裁選で安倍晋三首相の支持派が集まる会合の受付に現れ、名刺を差し出す“サプライズ”があった。「もしや首相支持か」と周囲を驚かせたが、同じ党本部内で行われた立候補者演説会と勘違いしたのが原因。名刺はすぐに秘書が回収した。

 党会合への出席を示すため、名刺を受付に出すのが議員の慣習。安倍陣営は党本部8階が会場となった演説会に先立ち、1階で安倍氏を送り出す会合を開いたが、小泉氏は1階で名刺を出してしまった。記者の指摘で誤認に気付き「あそこで名刺を出すのかと思った」と苦笑いした。

 安倍首相、石破茂元幹事長のいずれを支持するか明かしていない小泉氏。演説会に出席した後、記者団に「直接聞くと、感じるものはある」と語り、14日の候補者討論会を踏まえて判断することを示唆した。