共同経済活動の進展確認 北朝鮮情勢で意見交換

日露首脳会談
日露首脳会談を前に握手する安倍晋三首相とロシアのウラジーミル・プーチン大統領=10日、ロシア・ウラジオストク(古厩正樹撮影)

 【ウラジオストク=小川真由美】安倍晋三首相は10日夜(日本時間同)、訪問先のロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。北方四島での共同経済活動について、温室野菜栽培や観光、風力発電など5項目の実施に向けた作業の進め方で合意。日本が現地調査団を10月初めに派遣することを確認した。また、北朝鮮の非核化を促すため、国連安全保障理事会の制裁決議を着実に履行していく必要性で一致した。

 両首脳の会談は5月のモスクワ以来で、通算22回目。首相は会談後の共同記者発表で、日露平和条約締結交渉について「双方の法的立場を害さず、できることから実現する。こうした変化を積み重ねた先に目指す平和条約がある」と述べた。プーチン氏は「短期間で解決できると考えるのは稚拙だが、双方が受け入れ可能な解決策を模索する用意がある」と語った。

 北朝鮮情勢をめぐっては、首相は会談で、拉致・核・ミサイル問題を解決し国交正常化を実現した後に経済支援を行う用意があることを伝え、拉致問題解決に向けた協力を求めた。プーチン氏は理解を示した。また、両首脳は日露防衛当局間の関係を強化することで一致。来年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談することも確認した。

 首相は10日午後、「東方経済フォーラム」に出席するため政府専用機でウラジオストクに到着。12日には中国の習近平国家主席と会談する予定だ。