立憲民主党、小川淳也衆院議員の会派入りを承認 - 産経ニュース

立憲民主党、小川淳也衆院議員の会派入りを承認

立憲民主党の衆院会派への入会届を提出し、枝野代表(中央)と握手する小川淳也衆院議員=10日午前、国会
 立憲民主党は10日の常任幹事会で、旧希望の党出身で無所属の小川淳也衆院議員(比例四国)の衆院会派入りを承認した。国会法は比例代表で当選した議員の政党間移動を制限しているため、立憲民主党への入党はできない。
 常任幹事会に先立ち、小川氏は立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で面会し、会派への入会届を提出した。
 小川氏は面会後、旧民進党分裂の結果、自身のような無所属議員が多数に及んでいる現状を念頭に「中央政界は政党政治なので、それぞれが立場を明確にして弱体化した野党をもり立てる(べきだ)。その動きの先陣を切るつもりだ」と記者団に語った。