陸自がドローン初投入 土砂崩れ現場を上空から確認

北海道震度7地震
土砂崩れ現場を飛行する陸上自衛隊のドローン=8日午後、北海道厚真町(彦野公太朗撮影)

 陸上自衛隊は北海道地震で大規模な土砂崩れが起きた厚真(あつま)町で、安否不明者を捜索するため小型無人機ドローンを使って上空から現場の状況を撮影した。自衛隊が災害派遣でドローンを使うのは初めて。

 陸自は「災害用ドローンは、部隊が携行して軽易に運用が可能であり、部隊の行動に直結する情報を収集することができる」としている。