【自民党総裁選】安倍晋三首相「品格ある希望にあふれる総裁選に」 石破茂元幹事長「やりたいのは経済再生、核は地方創生」 本格論戦スタート - 産経ニュース

【自民党総裁選】安倍晋三首相「品格ある希望にあふれる総裁選に」 石破茂元幹事長「やりたいのは経済再生、核は地方創生」 本格論戦スタート

自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影)
 自民党は10日午前、総裁選に立候補した安倍晋三首相=党総裁=(63)と石破茂元幹事長(61)による所見発表演説会を党本部で開いた。両氏は続いて共同記者会見を行った。北海道で震度7を観測した地震の影響で7日の告示から3日間選挙活動を自粛していたが、20日の投開票に向け、本格論戦がスタートした。
 連続3選を目指す首相は「私にとって最後の総裁選だ。品格ある希望にあふれた総裁選にしていきたい。さまざまな批判を真摯(しんし)に受け止めながら、改めるべきは改め、謙虚に丁寧に政権運営をしていきたい」と述べた。
 首相は景気回復など政権運営の実績を強調した。相次ぐ自然災害を受け、国土強靱(きょうじん)化のための緊急対策を3年で集中的に講じる考えや、3年間で社会保障改革を断行する姿勢を示した。「自衛隊が誇りを持って任務を全うできる環境を作ることは、今を生きる政治家の使命だ」とも語り、憲法9条への自衛隊明記に改めて意欲を表明した。
 一方、石破氏は「私がやりたいのは経済の再生だ。その核は地方創生だ。国民一人一人の所得を上げなければならない」などと、地方創生に多くの時間を割いた。「自民党の原点に立ち返る」とも述べ、森友、加計学園問題を念頭に、政治の信頼回復に努める考えに言及した。防災省の設置も訴えた。憲法改正は「急ぐものからやらせていただく」と、参院選挙区の合区解消や緊急事態条項創設を優先させる方針をにじませた。
 これに先立ち、両陣営は出発式を開いた。首相陣営には党本部の部屋があふれるほどの議員が出席し、石破氏陣営には竹下亘総務会長や吉田博美参院幹事長ら34人が出席した。
 総裁選は、国会議員票(405票)と党員・党友票(同)の計810票の過半数を得た候補が次期総裁に選出される。首相が10~13日の日程でロシアのウラジオストクを訪問するため、公開討論会や街頭演説会は14日以降に行われる。