石破茂元幹事長「憲法改正は急ぐものから」 

自民党総裁選
所見発表演説会に臨む石破茂元幹事長=10日午前、東京都千代田区・自民党本部(納冨康撮影)

 自民党の石破茂元幹事長は10日、憲法改正について「急ぐものからやらせてもらう。自衛隊に感謝の思いを持っている国民は9割だ。やるべきことは国の独立を守る組織。国際法に従って活動する組織。それを明確にすることだ」と述べた。その上で「(参院選で2つの県を1つの選挙区とする)合区の解消、緊急事態条項は喫緊のものだ」と語った。