小泉進次郎氏講演、就活指針廃止議論を歓迎 総裁選への言及はなく

自民党総裁選
自民党の小泉進次郎氏

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が8日、東京・渋谷の青山学院大で講演した。ただ、安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長の一騎打ちとなった自民党総裁選の話題には一切触れず、講演後の取材にも応じなかった。

 小泉氏は、平成24年の総裁選で石破氏を支持したが、今回は態度を明らかにしていない。

 講演で小泉氏は、学生の関心事を踏まえてか、就職活動に関する話題などを取り上げた。経団連の中西宏明会長が就職活動の解禁時期を規定した指針を廃止する考えを表明したことに関し「波紋が広がるのは大歓迎だ。本当によいかどうかも含めて議論すればいい」と持論を述べた。

 先の国会で自身が中心となって進めた国会改革にも触れ、「動かないと思われた国会改革を必ず平成のうちに動かしたい。私も政治の世界でイノベーションを生み出せるよう頑張りたい」と語った。