【北海道震度7地震】複数自治体で断水デマ ネットやLINEで - 産経ニュース

【北海道震度7地震】複数自治体で断水デマ ネットやLINEで

 札幌市など北海道内の複数の自治体が、予定がないのに「断水が始まる」といったデマがインターネット上で拡散しているとして、ホームページ(HP)で注意喚起をしている。会員制交流サイト(SNS)への投稿のほか、無料通信アプリ「LINE」を介して、チェーンメールのように拡散したケースもあった。
 札幌市は、清田区や厚別区などで断水したが、地震発生直後の6日早朝から、ツイッターやLINEで「数時間後に全域で断水が始まる」「拡散して」などという情報が出回った。
 市に問い合わせの電話が殺到したため、複数の職員で対応し、ある担当者は「自分だけでも50件ほど受けた」と話す。市はHPに断水地区を掲載し、「誤った情報が拡散している。注意喚起にご協力を」と呼び掛けた。
 小樽、帯広両市にも市民から「断水すると聞いた」と問い合わせがあった。SNSで誤った情報が広まっているとみられ、両市はHPで「根拠のないうわさ」などと注意を促している。