新潟市は不適切算入9人 障害者雇用水増し問題 - 産経ニュース

新潟市は不適切算入9人 障害者雇用水増し問題

 新潟市は3日、障害者雇用水増し問題を巡り、市の障害者雇用率に計9人を不適切に算入していたと発表した。障害者手帳を所持していない職員が7人、手帳の有無を確認できない職員が2人いた。市は、プライバシーへの配慮から職員の自己申告などに基づき判断していたとしている。
 篠田昭市長は3日の定例記者会見で「意図的な水増しとは思っていないが、不適切な事務だった。おわび申し上げる」と述べた。担当職員の処分を検討していることも明らかにした。
 市によると、今年6月1日時点で2・52%としていた市の障害者雇用率(市教育委員会事務局分を除く)は、実際には2・30%となり、法定雇用率2・50%を下回った。
 市教委事務局は障害者手帳を全員分確認していたが、障害等級の転記ミスが見つかり、同雇用率を2・46%から2・40%に修正した。法定雇用率は2・40%だった。