玉城デニー氏が社民・又市征治党首と会談 野党各党に協力要請へ

沖縄県知事選
社民党の又市征治党首(左)と握手する自由党の玉城デニー幹事長。右は小沢一郎共同代表=28日午前、国会

 自由党の玉城デニー幹事長(衆院沖縄3区)は28日、社民党の又市征治党首と国会内で会談した。立候補の意向を固めている9月の沖縄県知事選をめぐり、29日の正式表明に先立ち協力を求める考えだ。自由党の小沢一郎共同代表が同席。その後、衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表とも会談する。

 玉城氏は、知事選で最大の争点になる見通しの米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対している。自民、公明両党は佐喜真淳前宜野湾市長の推薦をすでに決定しており、日本維新の会も佐喜真氏を推薦する構えだ。

 午後には、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の大塚耕平共同代表、共産党の志位和夫委員長と会う。