【沖縄県知事選】玉城デニー氏、26日に出馬表明 自公維推薦の佐喜真氏と一騎打ちへ  - 産経ニュース

【沖縄県知事選】玉城デニー氏、26日に出馬表明 自公維推薦の佐喜真氏と一騎打ちへ 

沖縄県知事選への出馬要請を受ける自由党の玉城デニー幹事長(右)=23日午後、沖縄県沖縄市
沖縄県知事選への出馬要請を受け、記者団の取材に応じる自由党の玉城デニー幹事長=23日午後、沖縄県沖縄市
 9月30日投開票の沖縄県知事選をめぐり、今月8日に死去した翁長雄志知事の支持母体「オール沖縄」に参加する共産党、社民党や労組などでつくる「調整会議」は23日、自由党の玉城デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=に立候補を正式に要請した。玉城氏は出馬する意向を固めており、自民、公明両党が推薦する宜野湾市の佐喜真淳前市長(54)との事実上の一騎打ちの構図が固まった。
 玉城氏は23日、沖縄市内で記者団に対し、翁長氏の後継候補として要請を受けたことについて「翁長知事のあらゆる遺志を引き継いでいけるように、しっかりと深く胸に納めて決定したい」と述べた。関係者によると、26日に後援会会合を開き、正式に出馬を表明するという。
 翁長氏の後継候補をめぐり、調整会議で名前が挙がった5人の中に玉城氏の名前はなかった。しかし、新里米吉県議会議長が、翁長氏が後継指名したとされる音声データがあると説明し、玉城氏に絞り込まれた。ただ、県議会の会派「おきなわ」が音声データの公開を拒む新里氏に反発したため、23日の会合では音声データと関係なく玉城氏擁立を決めた。
 調整会議は、玉城氏に保守・中道層の取り込みを期待するほか、沖縄第2の都市・沖縄市を地盤とすることから、翁長氏の地盤の那覇市と合わせて大票田で有利な戦いを進められるとの計算も働く。ただ、前回知事選で翁長氏を支援した県内観光大手「かりゆし」グループはオール沖縄から離脱し、自主投票を決めている。
 一方、自民党県連は23日、日本維新の会に佐喜真氏の推薦を求めた。維新の下地幹郎国会議員団政調会長は前回知事選に出馬し、約7万票を獲得している。前回自主投票だった公明党も推薦を決めており、佐喜真氏陣営は「自民、公明、下地」(政府高官)の態勢で勝利を目指す。
 玉城氏陣営は翁長氏の「弔い合戦」を前面に出して戦う方針だ。自民党県連幹部は「どれだけ翁長票が入るか分からない」と警戒を示す。