【激動・朝鮮半島】日米首脳が電話会談 北朝鮮完全非核化へ連携 拉致問題でトランプ氏「協力していく」 - 産経ニュース

【激動・朝鮮半島】日米首脳が電話会談 北朝鮮完全非核化へ連携 拉致問題でトランプ氏「協力していく」

アメリカのトランプ大統領との電話会談を受け、記者団の質問に応じる安倍晋三首相=22日午後、首相公邸(三尾郁恵撮影)
 安倍晋三首相は22日夜、トランプ米大統領と北朝鮮情勢をめぐり約40分間、電話で会談した。首相は日本人拉致問題に関する日本政府の取り組みを説明し、トランプ氏に重ねて協力を求めた。トランプ氏は「日本の考え方に沿って協力していく」と応じた。北朝鮮に対し、核を含む全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」に向け、国連安全保障理事会決議の完全な履行を求めていくことでも一致した。
 会談後、首相は公邸前で記者団に「歴史的な米朝首脳会談から2カ月が経過した。最新の情勢分析を行い、今後の北朝鮮に対する方針について綿密な打ち合わせを行った」と述べた。
 電話会談は米側の要請で行われた。
 米朝間は、トランプ氏が金正恩朝鮮労働党委員長と2度目の会談を行う見通しを示したほか、ポンペオ米国務長官による4度目の訪朝も浮上している。
 首相は記者団に「朝鮮半島の完全な非核化を実現するとの方針で、日米は完全に一致している」と強調した。その上で「こうした日米の取り組みのほか、韓国、ロシア、中国との協力を進めていくことによって、核・ミサイル問題や、何よりも重要な拉致問題の解決に向けて全力で取り組んでいきたい」と述べた。
 首相とトランプ氏の電話会談は、6月12日の初の米朝首脳会談後に行われて以来、2カ月ぶり26回目となる。首相は22日夜、休暇先の山梨県から帰京した。