自由・玉城デニー氏が小沢一郎代表と会談 沖縄県知事選めぐり

 
 取材に応じる玉城デニー氏=20日午後、沖縄県沖縄市

 自由党の玉城デニー幹事長=衆院沖縄3区=は21日、小沢一郎共同代表と国会内で会談した。玉城氏は9月30日投開票の沖縄県知事選に立候補する意向を表明し、21日夕には後援会関係者との会合を予定している。立候補を最終判断する前に自身の意向を小沢氏に伝えたとみられる。小沢氏は状況を見極めるよう助言した。

 会談後、玉城氏は記者団に「出る、出ないではなく、いろんな方向性で検討しなければならず、相談した」と説明。小沢氏は「しっかりした選挙態勢が取れるかどうか慎重に状況を見て、家族と相談するように」と指示した。玉城氏が立候補した場合の沖縄3区の後任をどうするかも含め、総合的に判断できるまで検討してほしいとも伝達した。

 玉城氏は先週末、翁長雄志知事から後継指名を受けたことを小沢氏に報告した。小沢氏は「選挙は勝つことが第一だ。組織や団体との支援関係も確認し、決意したら連絡してほしい」と伝えていた。