菅義偉官房長官、台湾の慰安婦像設置「極めて残念」申し入れ 韓国・文大統領の記念式典出席にも申し入れ - 産経ニュース

菅義偉官房長官、台湾の慰安婦像設置「極めて残念」申し入れ 韓国・文大統領の記念式典出席にも申し入れ

菅義偉官房長官 (斎藤良雄撮影)
 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、台湾で初めてとなる「慰安婦像」が設置された状況を受け、「わが国政府の立場やこれまでの取り組みと相いれない極めて残念なことだ」と述べ、日本の対台湾窓口機関・日本台湾交流協会を通じて申し入れを行った経緯を明らかにした。
 菅氏は「政府としては慰安婦問題についての考え方やこれまでの取り組みを国際社会に説明してきた。正当な評価を得るべく、引き続き努力をしていきたい」と語った。
 一方、韓国の文在寅大統領が、今年から法定記念日に定められた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の初の記念式典に出席した件に対し、「慰安婦問題に関しては両国間で最終的、不可逆的な解決を確認した日韓合意が着実に実施されることが大切だ」との認識に基づき、韓国側に申し入れを行ったことを明かした。
 菅氏はまた、「日韓間で累次にわたり確認している通り、未来志向の日韓関係を発展させていきたい」と強調した。