安倍晋三首相、自民党にサマータイム導入検討を指示 - 産経ニュース

安倍晋三首相、自民党にサマータイム導入検討を指示

安倍晋三首相(左から4人目)を表敬し大会マスコットを贈呈する東京五輪大会組織委員会森喜朗会長(左から3人目)=7日午前、首相官邸(春名中撮影)
首相官邸を訪れた東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(中央左)らと談笑する安倍晋三首相(同右)=7日午前
 安倍晋三首相は7日、夏の時間を1~2時間繰り上げるサマータイム導入を検討するよう自民党に指示した。自民党は秋の臨時国会での議員立法提出に向け、党内の調整を急ぐほか、他党にも理解を呼びかける。
 首相は、官邸で東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長らと会談した際に指示した。
 森氏によると、会談で首相は「国民の関心は高い。やるということになれば国民生活に影響する。業界にも色々な意見があるだろうから、党部会などで意見聴取してほしい」と語った。
 森氏は「(平成32年の)東京五輪・パラリンピックのためにやるというわけでなく、日本が先んじて地球環境に取り組むという観点で進めてほしい」と述べ、東京五輪に限定するのではなく、継続して行うよう求め、首相も理解を示した。
 森氏がサマータイム導入を首相に要請したのは先月27日に続いて2度目。自民党内の議論は、会談に同席した同党の遠藤利明2020年五輪・パラリンピック東京大会実施本部長らを中心に進む見通しだ。
 公明党の山口那津男代表は7日、サマータイム導入の効果を把握する必要があるとの認識を示した上で「柔軟に幅広く検討していく必要がある」と述べた。
 一方、サマータイム導入に繰り返し慎重な考え方を示している菅義偉官房長官は7日の記者会見で「国民の日常生活に影響が生じるし、大会までの期間はあと2年に限られている」と述べた。