豊洲市場に安全宣言 小池百合子都知事、移転延期から2年

 
東京都の会議で、豊洲市場の安全宣言をする小池百合子知事=31日午後、東京都庁

 築地市場(東京都中央区)から移転する豊洲市場(江東区)について、土壌汚染対策追加工事の結果、都の専門家会議が安全性を確認したことを受け、小池百合子知事は31日、関係局長会議を招集し、「豊洲市場は安全であり安心して利用いただける」と宣言した。都は近く、農林水産相に認可申請する。小池氏が知事就任後間もなく表明した移転延期から約2年、10月11日に控えた豊洲市場開場に向け、移転問題は佳境を迎える。

 この日の会議では、都が設置した専門家会議が7月30日、追加工事について「将来リスクを踏まえた安全性が確保された」と結論付けたことが報告された。これを受けて小池氏は「安全安心な市場として開場できる条件を整えることができた」と評価。会議に先立ち小池氏は市場関係者の代表と面会し、安全宣言することを伝えたという。

 豊洲市場をめぐっては小池氏が平成28年8月、移転延期を決定。翌月には、建物の地下に本来行うはずだった盛り土の工事が行われていなかったことが判明したほか、土壌に含まれる地下水から環境基準を超える有害物質が検出された。都は専門家会議の提言を受けて追加工事に着手、7月に完了した。小池氏は昨年、豊洲市場の移転方針を発表し、今年10月に開場することを決めた。

 この間、市場関係者からは、土壌汚染問題などで豊洲市場の風評被害が深刻化しているとして、小池氏による安全宣言を求める声が上がっていた。