財務次官に岡本主計局長 財務官には武内国際局長 政府方針 - 産経ニュース

財務次官に岡本主計局長 財務官には武内国際局長 政府方針

 政府は6日、セクハラ問題で福田淳一前次官が4月に辞任し、空席となっている財務事務次官に、岡本薫明(しげあき)主計局長を充てる方針を固めた。就任後3年と在任期間が長期になっている浅川雅嗣財務官は退任、後任に武内良樹国際局長を充てる方向で調整している。
 岡本氏は昭和58年、旧大蔵省入省。予算編成を取り仕切る主計局が長く、平成29年7月に主計局長に就任。学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の改竄(かいざん)が始まった同年2月には国会対応を担当する官房長だったために厳重注意処分を受けたが、改竄への関与はなく、次官就任は問題ないと判断した。
 武内氏は昭和58年、旧大蔵省入省。主税局、国際局などを経て、平成28年6月から国際局長。浅川氏は麻生太郎財務相の信頼が厚く、27年7月に財務官に就任したが、4年目を前に退任することになった。