日米韓外相が会談 ポンペオ国務長官が北との協議内容説明

米朝首脳会談
ソウルで会談に臨む(左から)ポンペオ米国務長官、韓国の康京和外相、河野外相=14日(共同)

 【ソウル=千葉倫之】河野太郎外相は14日午前、訪問先のソウルで米国のポンペオ国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と日米韓3カ国の外相会談を行った。12日の米朝首脳会談の結果を踏まえ、北朝鮮の完全な非核化に向けた今後の米朝協議の進め方について、交渉を担当するポンペオ氏から説明を受け、3カ国の連携を確認した。

 河野氏らは会談で、米朝首脳会談の内容について、同席したポンペオ氏から詳細を聞き取り、非核化の進め方や今後の米韓合同軍事演習の扱いについても意見交換したとみられる。

 河野氏は3カ国外相会談の後、ポンペオ氏との個別会談も実施。米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が拉致問題にどう言及したかなど、詳細を改めて聞き取り、今後の日朝の交渉方針についても意見交換するとみられる。午後には康氏と個別会談し、文在寅大統領を表敬する。

 米メディアによると、ポンペオ氏は13日、記者団に対し、トランプ米大統領の1期目の任期(~2021年1月)内に北朝鮮の非核化をおおむね達成したいとの考えを表明。北朝鮮との交渉が行き詰まった場合には米韓合同軍事演習を再開するとも述べた。日米韓外相会談では、こうした方針を河野氏らに伝達した可能性がある。

 12日の米朝首脳会談では、米政府が求めてきた「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」が共同声明に盛り込まれず、非核化の時期や検証方法が不透明なまま終わった。

 また、トランプ氏は会談後の記者会見で、米朝協議が続く間は米韓合同軍事演習を中止する方針を表明。将来的に在韓米軍を撤退させる可能性にも言及するなど、融和姿勢に懸念が広がっていた。