【米朝首脳会談】河野太郎外相、14日に日米韓外相会談 北朝鮮政策で連携確認へ - 産経ニュース

【米朝首脳会談】河野太郎外相、14日に日米韓外相会談 北朝鮮政策で連携確認へ

 首相官邸で記者の質問に答える河野外相=12日午前
 河野太郎外相は14日、米国のポンペオ国務長官、韓国の康京和外相と訪問先の韓国・ソウルで日米韓外相会談を行う。12日の米朝首脳会談を踏まえ、北朝鮮政策をすり合わせ、3カ国の連携を改めて確認したい考えだ。
 河野氏は13日夕にソウルに入った。14日午前の日米韓外相会談に続き、同日午後は日米、日韓の2国間会談に臨む。文在寅大統領も表敬する予定だ。
 米朝会談の共同声明には焦点だった北朝鮮の非核化について「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」が盛り込まれず、非核化の具体化は今後の米朝交渉に持ち越された。日米韓外相会談で米朝交渉を主導するポンペオ氏と情報を共有し、今後の対北戦略を申し合わせる。
 日米外相会談では、拉致問題に関する米朝会談でのやりとりを確認し、日朝対話の実現を模索する方針。