【米朝首脳会談】菅義偉官房長官「厳しい安全保障の状況緩和」 - 産経ニュース

【米朝首脳会談】菅義偉官房長官「厳しい安全保障の状況緩和」

記者会見する菅官房長官=13日午前、首相官邸
 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、12日の米朝首脳会談の成果について、「(北朝鮮の)非核化を実現することが米朝間で確認された。わが国として極めて厳しい安全保障の状況がかつてより緩和された」と語った。「日本にいつミサイルが向かってくるかわからない状況は明らかになくなった」とも説明した。
 日本人拉致問題には「日本が北朝鮮と直接向かい合い、主体的に解決しなければならないという姿勢に全く変わりはない」と強調。全拉致被害者の再調査を約束したストックホルム合意の履行を北朝鮮に求めるとともに、被害者の一刻も早い帰国に取り組む考えを改めて言明した。日朝首脳会談に関しては「核、ミサイル、拉致問題の解決につながる形で実現できればと思う」との認識を示した。
 トランプ大統領が米韓合同軍事演習の中止や将来的な在韓米軍の縮小に言及したことで日本の安全保障への影響が懸念されているが、菅氏は「米国から詳細な説明を受けたい。予断を持って話すことは控えたい」と述べるにとどめた。