小野寺五典防衛相「米韓演習や在韓米軍は東アジアの安全保障に重要な役割」 トランプ氏の軍事演習中止言及で

米朝首脳会談
小野寺防衛相

 小野寺五典防衛相は13日午前、トランプ米大統領が米朝首脳会談後の記者会見で米韓合同軍事演習の中止に言及した件に関し「米韓演習や在韓米軍は東アジアの安全保障に重要な役割を持っている。この考え方は日米、日米韓の間で共有していきたい」と述べた。防衛省で記者団に語った。

 米朝首脳の共同声明には弾道ミサイル廃棄が明記されなかったが、小野寺氏は「生物化学兵器を含む大量破壊兵器と短距離を含む弾道ミサイルの廃棄を求めていくことは日米首脳間でも合意されている。最終的な目標は変わらない」との認識を示した。

 自衛隊の警戒監視態勢については「北朝鮮は非核化に向けた約束はしたが、具体的な動きが見えない中で警戒監視を変える態勢は考えていない」と明言。政府が進める地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備にも「明確に北朝鮮が核・ミサイルの放棄を示しているわけでもない。必要な防衛力整備を着実に進めていきたい」と強調した。