前財務次官セクハラ、首相「看過できない」 野田聖子総務相に再発防止策の策定指示

 
 首相官邸に入る安倍首相=31日午前

 安倍晋三首相は31日午前、首相官邸で野田聖子総務相と会い、財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題について「今回の事案は看過できない」と述べ、今国会中にも再発防止策をとりまとめるよう指示した。野田氏が面会後、記者団に明らかにした。

 野田氏は今回のセクハラ問題をめぐり、放送事業者や省庁職員などへの聴き取りを行った結果を首相に報告した。首相は「非常によくない。(セクハラの)根絶に向け、できる限り速やかに、やれることはやってほしい」と話したという。

 その上で、再発防止策について「今回のメディアと行政の関係だけではなく、すべての職場でいい影響を及ぼすようにしたい」との認識を示した。

 野田氏によると、首相は官僚だけでなく政治家もセクハラの意識が低いと認識しており、「党の総裁としても取り組んでいく」と語った。野田氏は「再発防止策は、今国会中は法整備以外のところで対応できる、実効性のあるものを出せればと思う」と語った。