【財務次官セクハラ疑惑】福田淳一前次官のセクハラ認定は「遅きに失した」公明・山口那津男代表 - 産経ニュース

【財務次官セクハラ疑惑】福田淳一前次官のセクハラ認定は「遅きに失した」公明・山口那津男代表

公明党の山口那津男代表(春名中撮影)
 公明党の山口那津男代表は27日、財務省が福田淳一前事務次官の女性記者に対するセクハラ行為を同日に認定したことについて、国会内で記者団に対し「遅きに失したと言わざるを得ない」と批判した。
 同時に「時代錯誤な認識が露呈され、多くの国民、とりわけ女性の嫌悪感を誘うような事態になった。極めて遺憾だ。厳しく反省し、出直してもらいたい」とも述べた。
 麻生太郎副総理兼財務相の責任については「課題をしっかりやり遂げていくのが当面求められる」と語り、決裁文書改竄(かいざん)問題などへの対応が優先課題との認識を示した。