来年10月22日に即位礼正殿の儀 宮内庁「大嘗祭は11月14日から15日」 譲位・即位の基本方針決定

天皇陛下譲位
記者会見する菅官房長官=30日午前、首相官邸

 政府は30日午前、首相官邸で平成31年の天皇陛下譲位と皇太子さま即位に伴う式典に向けた準備委員会の第3回会合を開き、基本方針を決定した。陛下が譲位される事実を広く国民に明らかにし、最後に国民の代表に会われるための式典「退位礼正殿の儀」は同年4月30日に開催し、5月1日に即位された新天皇の即位を国内外に示す主要儀式「即位礼正殿の儀」は10月22日に行う。いずれも国事行為として位置付けられる。

 準備委のトップを務める菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、会合で宮内庁から「大嘗祭(だいじょうさい)」を「同年11月14日から15日に行うことが望ましい」との意見があった経緯を公表した。大嘗祭は新天皇が即位後に最初に行う新嘗祭で、皇位継承において最も重要な儀式。

 新天皇の即位を受け、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを国内に広く明らかにする儀式「立皇嗣の礼」は、32年に国事行為として執行される。

 平成のお代替わりに行われた一連の式典は、今回でも基本的な考え方や内容を踏襲する。約200年ぶりの譲位に関する儀式や、初めて実施される立皇嗣の礼の日程などは今後、詳細を詰める。

 政府は近く、基本方針を閣議決定する。これを受け、政府は各式典の大綱などの制定に備え、首相を委員長とする「式典委員会(仮称)」を今秋をめどに設置する。省庁間の連絡や調整を円滑に図るため、内閣府に官房長官を本部長とする「式典実施連絡本部(仮称)」も立ち上げる。

 基本方針では、31年2月24日の「天皇陛下御在位30年記念式典」のほか、5月1日の即位に伴って天皇の印「御璽」、国の印章「国璽」などを継承する「剣璽等承継の儀」と、新天皇が初めて三権の長らとお会いになる「即位後朝見の儀」などの開催も決まった。国民に即位を披露する「祝賀御列の儀」(パレード)は10月22日の即位礼正殿の儀終了後に行われる。