天皇誕生日は2月23日、12月23日は当面平日に…政府検討入り

天皇陛下譲位
菅義偉官房長官(斎藤良雄撮影)

 政府は、「天皇誕生日」として現在祝日となっている12月23日について、皇太子さまが即位される平成31(2019)年5月1日以降の天皇誕生日は2月23日となることから、即位後は当面祝日とはせず平日にする検討に入った。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、12月23日が新天皇の即位後は皇室典範特例法の規定によって祝日でなくなることについて「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べた。

 天皇誕生日をめぐっては、特例法に合わせて「国民の祝日法」の一部も改正され、皇太子さまが即位された後の天皇誕生日を2月23日と改めた。12月23日については触れていない。

 譲位後の陛下は「上皇」となられる。12月23日を「上皇誕生日」とするのは新旧天皇の併存による「二重権威」とも映りかねないため、当面は平日とするのがふさわしいとの指摘がある。

 天皇誕生日は、明治天皇が「文化の日」(11月3日)、昭和天皇が「昭和の日」(4月29日)で、いずれも祝日になっている。4月29日は、昭和天皇の崩御後は「みどりの日」だったが、平成19年に「昭和の日」となり、5月4日が「みどりの日」となった。

 一方、31年4月30日の陛下の譲位に伴い、皇太子さまが即位され、改元される5月1日を「祝日」か「休日」にする方向で検討することになっている。