菅義偉官房長官 天皇誕生日の12月23日、平日か祝日か「幅広い議論が必要」

天皇陛下譲位
菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、天皇誕生日の12月23日が、天皇陛下の譲位後は皇室典範特例法の規定で平日となることについて「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは、国民活動の幅広い議論が必要だ」と述べ、今後検討する方針を明らかにした。

 天皇誕生日は、明治天皇が「文化の日」(11月3日)、昭和天皇が「昭和の日」(4月29日)といずれも祝日になっている。