豊洲市場、来年10月11日開場を決定 約2年遅れの移転‥小池百合子知事「日本の中核市場に育てる」

豊洲問題
豊洲市場の開場日を来年10月11日と合意、会見する小池百合子都知事=20日午後、東京都新宿区(宮川浩和撮影)

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題で、都と市場業界団体の協議会が20日午後に開かれ、豊洲市場の開場日を来年10月11日にすることを決めた。築地市場の最終営業日は同6日。小池百合子都知事が安全性への懸念などを理由に昨年8月に移転延期を表明して以来、都政の懸案だった市市場問題は昨年11月の開場予定から約2年遅れの移転で決着した。

 築地跡地は2020年東京五輪・パラリンピックの輸送拠点とし、輸送ルートの環状2号線も通す計画で、都は移転後に整備を急ぐ方針。小池氏は20日夕の緊急記者会見で開場日決定を表明し、「豊洲市場を日本の新たな中核市場として育てる。本格化する移転準備をスピード感を持って前に進める」と語った。

 開場日は当初、11月の協議会で決定予定だった。しかし、江東区が市場受け入れ条件である豊洲市場内の観光拠点「千客万来施設」整備事業の実現が不透明となっていることに懸念を表明。その影響で都と業界団体間の調整が難航し、協議会は延期されていた。

 小池氏が11月24日の会見で同施設について「最優先に整備」と表明するなどし、今回の協議会開催につながったものの、施設整備が課題として残っている。

 豊洲市場は東京ガス工場跡地に整備。小池氏の移転延期表明後、土壌汚染対策の柱だった建物下の盛り土が実施されていなかったことが発覚し、地下水から環境基準を大幅に超える有害物質ベンゼンなどが検出された。都は追加安全対策工事を来年7月末までに完了させる方針。