政府「19年4月30日譲位」の政令公布

天皇陛下譲位

 政府は13日午前、天皇陛下の譲位日を「平成31年4月30日」と定める政令を公布した。13日付の官報に掲載された。譲位翌日の5月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、改元となる。天皇の譲位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりとなる。

 政府は今月8日の閣議で譲位日を定める政令を決定した。政府は、現行憲法下で初めてとなる譲位が円滑に実施されるよう万全を期すため、菅義偉官房長官がトップとなる準備組織を来年1月に設置し、儀式の在り方などについて検討を本格化させる。

 譲位の儀式をめぐっては、宮内庁を中心に過去の文献を調べている。内容や位置付けを含め、現行憲法とどう整合させるかも焦点となる。皇太子さまの「即位の礼」は、平成2年の天皇陛下の例を参考にする。

 準備組織は皇太子さまが即位する5月1日を祝日にするかどうかも議論する見通しだ。