小池百合子都知事、豊洲市場の観光拠点「最優先に整備」

豊洲問題
記者会見する東京都の小池百合子知事=24日午後、都庁

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)で観光拠点「千客万来施設」整備事業の実現が不透明となっている問題で、東京都の小池百合子知事は24日の定例会見で、「最優先に整備するよう努力する」と表明した。事業者の「万葉倶楽部」(神奈川県)が撤退を含めた対応を検討し、市場を受け入れる江東区も態度を硬化しているが、小池氏は両者の説得に向け「私自身、足を運ぶことも含めて考えたい」と明言した。

 小池氏が6月に移転後の築地跡地を「食のテーマパーク」機能を有する施設として再開発する基本方針を掲げたことに対して、同社は千客万来施設の採算が取れなくなる恐れがあると難色を示している。小池氏は会見で「食のテーマパークは考え方の一つ。先行する千客万来施設のコンセプトとの両立や相乗効果に十分、配慮する」と釈明した。

 入札改革試行中に相次ぐ豊洲の追加工事の入札不調については、「移転に影響が出ないよう再発注している」と説明。その過程で予定価格の事前公表に踏み切ったことに関しては、移転日程の制約がある中での例外的な対応だと強調した。

移転時期迫り現実路線に

 「万葉倶楽部の事業が豊洲で花開くことを願っている」。小池百合子知事は24日の定例会見で、千客万来施設整備を重視する言葉を繰り返した。来年10月中旬の移転時期まで1年を切っても膠着(こうちゃく)が続く中、現実路線にシフトした格好だ。

 6月発表の豊洲移転・築地再開発の基本方針では築地跡地売却から転換し、豊洲市場の将来像を「総合物流拠点」と明記。市場移転に当たって江東区と約束している千客万来施設整備の記載はなかった。

 直後、万葉倶楽部は「事業の前提条件が変わった」と反発したが、関係者によると、小池氏は周囲に対し、都と同社の基本協定書締結などを理由に強気の姿勢を見せていたとされる。

 7~9月の会見では「計画通りに事業展開をしていただきたい」などと発言。「都民ファーストの会」も都議会委員会で同社にも事業への責務があるとの見解を示し、豊洲開場に合わせた整備を注文した。

 状況は改善されず、江東区の山崎孝明区長が今月、「整備が確定しない限り、市場の受け入れを再考せざるを得ない」とのコメントを発表。豊洲開場日を決める都と市場業界の協議会も中止され、「小池氏は状況打開のため、千客万来施設を最優先するメッセージを出した」(都関係者)。

 公明党との連携解消後、初となる都議会定例会が来月に開会。来年の第1回定例会では築地再開発の検討費を含む来年度予算案が審議される。都幹部は「市場問題について厳しい質問が出るだろう」とみる。(高久清史、高橋裕子)