小池百合子東京都知事がパリ郊外の世界最大の市場を視察「豊洲の先例に」 

 
パリ郊外のランジス市場を視察する小池百合子東京都知事(中央)=24日(代表撮影)

 【パリ=大泉晋之助】パリ滞在中の東京都の小池百合子知事は24日、パリ郊外の世界最大の卸売市場「ランジス国際卸売市場」を訪れ、水産・青果・乳製品の各棟を視察した。小池氏は「閉鎖空間で冷やされ、豊洲と同じコンセプト。衛生の観点で先例になっている」と語り、業界との調整が続く「築地市場」(中央区)からの「豊洲市場」(江東区)への移転に視察の成果を生かす考えを示した。小池氏は同日、帰国の途に就く。

 手狭になった市街地の市場を1960年代に移築、2002年には密閉型で低温維持する近代的な水産物施設を完成させたランジスは豊洲と類似点が多い。都が経営する豊洲に対し、国や民間企業が出資する第三セクター方式のランジスは民間の力で柔軟な経営を進めてきた。

 ランジスは海外展開にも積極的で、16年の取扱高は約90億ユーロ(約1兆1900億円)と10年に比べて1割以上伸びた。総合市場のランジスと単純比較はできないものの、水産物と青果で年間5000億円前後、この10年間で3割程度減少している築地とは対照的だ。

 現地の担当者に市場のランニングコストについて質問するなどした小池氏は「何よりも参考になったのは市場全体を、民間企業が運営している点ではないかと思う」と述べた。

 一方、都知事と兼務する希望の党代表としての国政運営については、「国政の運びは国会議員を中心に運ぶという話になるかと思う」と述べるにとどめた。