江崎鉄磨沖北相、北方領土を初視察 「一生懸命勉強する!」

 
納沙布岬で、北方領土の元島民らの出迎えを受ける江崎沖縄北方相(右から2人目)=29日午後、北海道根室市

 江崎鉄磨沖縄北方担当相は29日、北海道根室市を訪れ、同市の納沙布岬から就任後初めて北方領土を視察した。納沙布岬で元島民らに出迎えられると「一生懸命勉強して参ります」と声をかけ、北方領土問題に真剣に取り組む姿勢をみせた。江崎氏をめぐっては就任後、北方領土問題に関して「自分は素人」「役所の原稿を朗読する」などと発言し、批判を浴びていた。

 江崎氏は視察後、記者団に「北方四島の帰属(問題)を解決するには全国的な国民啓発を展開しなければならない」と述べた。