民進党の政権政党として期待せず80・7%

産経・FNN合同世論調査
民進党代表選の記者会見を終え、笑顔を見せる枝野幸男元官房長官(左)と前原誠司元外相=21日午後、東京・永田町の党本部

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が19、20両日に行った合同世論調査で、21日に代表選が告示された民進党が政権交代可能な政党になると思うかどうかとの質問では、「思わない」が80・7%に上った。「思う」は14・8%にとどまった。立候補した前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官のうち前原氏が代表にふさわしいとしたのは40・4%、枝野氏は37・8%だった。